逆援助交際を本当に信じていいのか……

援助交際というものの反対が逆援助交際です。それをみなさんは、どのようなイメージで受け止めているのでしょうか。逆援助交際とは、男性が何もお金を使用しないでいい気分を味わうことが出来まる方法です。男性の人たちは、敢えてお金を使用したくないから、恋人も作らず結婚のことも考えないのかもしれません。

恋人同士の関係になってしまえば、彼女を東京ディズニーランドに連れていく必要がありますし、映画にも連れていく必要があります。そのとき、彼女は割り勘でいいよというかもしれません。しかし、一人前の紳士として、やっぱり時として女の子におごるということを考える必要がありますし、割り勘ということは、男性に恥をかかせていることかもしれません。

そんな無理をして、女の子とつき合わなければいいのです。割り勘でOKとしても、男性はそもそも無理して東京ディズニーランドなんて行きたいとは思ってませんし、お金を使っていることも事実、無駄な時間も消費しているのです。彼女なんて作らなければいいのです。結婚なんてしなければいい。

男性には性欲というものが存在している訳ですが、性欲なら、風俗で抜けるではありませんか。……とはいうものの、風俗に行けば、またまた男性は多額のお金を支払いしなければなりません。

男性はお金を兎に角使いたくないということなら、インターネットで、女優のグラビアなど、チェックして、オナニーして過ごすという方法があります。間違いなく、それでも、抜けることは抜け、一番お金がかからない方法です。兎に角、結局究極を極め、段々と家でオナニーで大丈夫という男性が増えて来たのは事実です。

男性は、結婚しない、恋人は必要ないというものの、全然、性欲を解消しない人がいるとは想像はつかないです。若い人たちのことですが。

そして、……。インターネットなら、出会い系サイトが存在して、出会い系サイトで、セックスフレンドを見付けるという方法もあります。セックスフレンドこそ、結婚しない人たちが、性欲を解消するための唯一の方法と言います。しかし、もちろん家でオナニーが過ごしている人たちは、自信をもって言うでしょう。家でオナニー以上に安上がりなものは何も存在しないと。

しかし、それは事実ではありません。逆援助交際という方法があるからです。逆援助交際とは、援助交際の逆バージョンであり、男性が、女性に食事や、ホテルのお金を支払いしてもらって、かつ女性の人たちとセックス出来るという方法です。この話しを聞いた家でオナニー派の人たちは、ムクッと起き上がったのではないでしょうか。そうです、そういう方法が残されていたのです。

しかし、本当に、逆援助交際の相手なんて簡単に見付けることが出来るのでしょうか。問題はそこです。インターネットをチェックしていれば、逆援助交際に注意をしましょうという声も聞こえてきます。そのような記事を書いている人たちは、風俗業者の陰謀かもしれませんが、参考程度に聞いておいても何も悪いことはありません。

兎に角、出会い系詐欺は存在している事実はあります。35歳女社長をしています。貴方の為に1000万円用意しています。どうぞ受け取ってください……。あなたは、こんなメールが届いたとき、ストレートに信じるでしょうか。今時、そのようなメールを100%信じる人たちがいれば、馬鹿以外何ものでもないです。でも、今でも、こんなメールに騙される人たちがいるのでしょう。でなければ、こんなメールを送信するヤツがいるはずないのです。

しかし、あなたが相手に今しようとしている逆援助交際になる可能性のある女性からのメールも、あのメール文ほどではありませんが、似たようなものであり、あなたは、文章に、ぐらりとよろめいて送信しておつきあいしようとしているのではないでしょうか。逆援助交際の相手を求めていますとは、ほとんど35歳女社長をしています。貴方の為に1000万円用意しています。どうぞ受け取ってください、と大差はないのかもしれません……。

出会いアプリを利用して人妻と出会いました

求めることは珍しくないのかもしれません。事実、アプリを利用して人妻と出会いを望んでいる人も大勢いるようです。詳しい事情などはよくわからないのですが、どうやら人妻というのは、セフレ候補としてうってつけな部分があるみたいですね。
特に若い男性にとっては、自分が日ごろから抱えている性的な欲求不満を解消するために、うってつけのターゲットになるのだという話を聞いたことがあります。
しかしながら、私は自分と同年代くらいの若い女性(せめて25歳くらいまでが限界)の女性と知り合ってお付き合いを始めたかったのです。
そういう出会いをガチで期待していただけに、自分が知り合った相手が人妻だと知った時はがっかりしました。
セフレ候補は募集していなかったので、私にとってこのデ杯は完全にミスマッチと呼べるものだったんです。

けれどもそんな不満をすぐに相手にぶつけるようなことはしませんでした。
出会 アプリ ポイントを利用している以上、知り合った者同士で出会いのミスマッチというものが起こるのは当たり前ですし、そんなことをいちいち気にかけていても仕方がないだろうと思いました。
相手とトラブルになるのも面倒くさいですし、誰と出会うことになったとしても、自分にとってマイナスになるということは無いのです。
確かに人妻との出会いは私にとって本意ではなかったですが、だからといって相手に不満を言うわけにはいきませんから、とりあえず勉強のつもりでメールのやり取りは続けています。

しかしながら、そもそも私がなぜこれほど不満に感じているのかといえば、知り合ったばかりの頃、相手の女性は自分がすでに結婚していることなんて一言も説明しなかったんです。
それどころか、自分は女子大生だと嘘をついていたんです。
確かに相手の写真を見た限りでは、女子大生には見えないこともありません。
実年齢は28歳だそうですが、それよりも随分と若く見えることは確実です。
だから私もすっかりだまされてしまいました。

騙されてしまうことについては、私の側に非があったのかもしれません。
警戒心が足りなかったといわれれば返す言葉もないのです。
でもそうはいっても、やっぱり嘘をつくのは良くないですよね。
女子大生ですというプロフィールを見せられたら、それが嘘であろうが本当のことであろうが、他の利用者には一切それを判断するための情報がないわけですから、嘘を見抜けといわれてもそれはできません。
ほとんど付いたもの勝ちという状態になってしまいます。

私も、相手とトラブルになるのが嫌なので、相手が嘘をついたことについては何も言いませんでした。
相手の女性は一度だけ、とぼけたように「騙せるかどうか試してみたかったの」と笑っていましたが、なんとなく私以外にもだまされた男がいるのではないかと想像してしまいました。
そういうことを本人に確かめてみたわけではないので、はっきりしたことは分からないのですが。

出会いアプリを利用している人妻の中には、日常生活に疲れて(不満を感じて)それをいやすために出会い系サイトやアプリを利用したいと考える人たちが大勢います。
アプリを利用してみる目的というのは人それぞれ違うのですが、それでもやっぱり、自分がすでに結婚している立場であるということを考えて、真剣な出会いを求めるためではなく、あくまで一時的な憂さ晴らしのために出会い系サイトを利用するという人が多いようです。

一時的な憂さ晴らしがしたいということは、出会い系サイトやアプリを利用して目指す出会いは、当然のことながらセフレとの出会いが中心ということになります。
私はどうやら格好のセフレ候補として彼女に認められたようなのです。
それが嬉しいことなのか悲しいことなのか、非常に複雑な気分です。

この人妻のように、出会い系サイトやアプリを利用する際に自分の身分を偽っている女性は大勢いますが、それはなぜなのでしょう。
私がこれまで出会い系サイトや出会いアプリを利用しきた経験から、嘘をつく女性にはいくつかのパターンが考えられます。
まずは私が知り合った人妻のように、自分の身分が「大学生である」というふうに偽ることで、本当に大学生との出会いをもくろむというパターンです。
私は彼女にまんまとはめられてしまったということになります。
出会い系サイトや出会いアプリを利用して自分より若い男性との出会いを求めている人妻は大勢います。
そうすることで、遠慮のない言い方をすれば若い男の体をむさぼることができるわけです。
そのことが何よりも自分にとっての性的な満足につながりますし、自分がまるで若返ったような満足感を得られること、そして、模試アプリを利用して知り合った男性を満足させることができたら、自分が持っている女としての値打ちが認められたようで、そのことが何よりもうれしいのだそうです。
実際に私が知り合った人妻はそんなふうに言っていましたね。

彼女はどうやら旦那との関係がうまくいっていないようでしたが、経済的な事情などから少なくともしばらくの間離婚をする頃などは考えていないようです。
だから出会いアプリを利用して憂さ晴らしをしてやろうというふうに考えたのでしょう。

私としては、もう彼女と恋人同士の関係になることはあきらめていますので、ギブ安堵テイクの形で私自身も満足させてもらえればいいかなと考えています。実際のところ、彼女とのセックスはそんなに悪くないですね。性行為に不慣れな若い女の子とはまた違った良さがあります。